WordPressブログ

【初心者向け】WordPress(ワードプレス)インストール後に、必ずやるべき初期設定3つ

【初心者向け】WordPress(ワードプレス)インストール後に、必ずやるべき初期設定3つ

本記事では、WordPress(ワードプレス)をインストールしたら、必ずやっておくべき初期設定3つを説明していきます。

必ずやるべき初期設定3つ
  1. SSLを導入する
  2. リダイレクト設定をする
  3. パーマリンクを設定する

この他にも色々としておくべき設定はあるのですが、この3つは最重要項目なので、すぐにやってしまいましょう。

初心者の方でもスムーズに設定できるよう、画像を交えてわかりやすく解説していきます。

「SSLって?リダイレクトって??」という方でも、言葉の意味についても補足しながら説明していくので、安心して付いてきてくださいね。

本記事は、エックスサーバーでワードプレスを立ち上げた方向けの説明となります。

SSLを導入する

まずは、立ち上げたサイトにSSLを導入します。

「SSLって何?」という方のために、少しだけ補足しておきますね。

SSLって?

SSLとは、インターネット上の通信を暗号化する技術のことです。SSLを導入することで、サイトのセキュリティを強化することができます。

SSL化をすることで、グーグルからの評価も上がるので、SEO対策(=多くの人にブログを読んでもらうための対策)としても必須です。

サイトにSSLを導入することで、URLの冒頭「http」の後ろに「s」が付きます。

当ブログのURLにも「s」が付いています。
https://yowakuikiru.com/

このように「http」の後ろに「s」がついているサイトは、SSL導入済みのサイト、つまり安心して利用できるサイトということです。

安心してサイトを利用してもらうためにも、そしてグーグルの評価を上げるためにも、必須の対策です。

ねこかん
ねこかん
簡単に設定できるので、ちゃちゃっと終わらせていきましょう!

WordPressから、SSLを設定する

それでは早速SSLの導入をしていきます。

まず、WordPressの管理画面にログインし、左下の「設定」から「一般」をクリックします。

「一般設定画面」が開いたら、次の項目を入力します。

  1. キャッチフレーズ :空欄にしておく
  2. WordPressアドレス(URL):「http」→「https」に変更する
  3. サイトアドレス(URL):「http」→「https」に変更する

入力が完了したら、画面左下の「変更を保存」をクリックして、SSLの導入は完了です。

なお、サイトのSSL化には少し時間がかかります。(1時間程度かかることもあります。)

なのでSSL化したばかりだと「無効なURLです」と表示されることがありますが、問題ありません。

反映されるまでしばらく待ってみましょう。

リダイレクト設定をする

次に、リダイレクト設定をしていきます。

リダイレクト設定って?

リダイレクト設定とは、「http://〜」のアドレスでアクセスしてくれた人を、先ほど設定した「https://〜」のアドレスに飛ばしてあげる設定のことを言います。

リダイレクト設定をしておかないと、サイトをSSL化した意味がなくなってしまうので、必ずやっておきましょう。

エックスサーバーからリダイレクト設定をする

リダイレクト設定は、エックスサーバーからしていきます。

まず、エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

サーバーパネルにログインする

サーバーパネルにログインしたら、「.htaccess編集」をクリックします。

「ドメイン選択画面」で、リダイレクト設定をするドメインを選択します。

「.htaccess編集」のタブをクリックして、以下の画面を表示させます。

「.htaccess」の枠の中に、すでにコードが入力されていると思います。

このすでに入力されているコードの上に、下記の新しいコードをコピペします。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L] </IfModule>

なおコピペする際には、以下の2点を十分注意しましょう。

  1. コピペ間違いをしないようにする
  2. すでに入力してあるコードはいじらないようにする(念のためメモ帳などにコピーしておくことをおすすめします。)

以下の画面と同じ状態になっていればOKです。

入力できたら、右下の「確認画面へ進む」をクリックします。

そして、入力したコードが正しいかを再度確認して、「実行する」をクリックします。

これで、リダイレクト設定は完了です!

正しくリダイレクト設定ができているかどうかを確認するために、http://~」のURLでアクセスしてみてください。

https://~」のURLへ飛べば、正しくリダイレクト設定ができていることになります。

万が一エラーが出る場合は、コピペのミス、もしくは前に書いてあったコードをいじってしまった可能性が高いです。

もう一度「.htaccess」画面に戻ってやり直してみてください。

パーマリンクを設定する

最後に、パーマリンクを設定しましょう。

少しだけ、パーマリンクについて説明しておきますね。

パーマリンクとは?

パーマリンクとは、記事ごとに割り当てられたURLのことです。

例えばこの記事のパーマリンクは、以下の通りです。

https://yowakuikiru.com/wordpress_initialization/ ‎

この太字部分は、自分で考えて付けることができます。

パーマリンクの設定とは、「この太字部分を自分の好きな文字列に変えるよう、設定する」ということです。

実はこれ、すごく大事な設定なんです。

というのも、パーマリンクを後から変更してしまうと、次のようなデメリットがあります。

  1. 今まで投稿した記事のURLが全て変わってしまい、前のURLからはアクセスできなくなる
  2. それまで積み上げてきたアクセス数や、SNSシェア数、被リンクなどが全てリセットされてしまう

これらは、SEO上とても良くないことなのです。

今の段階では「どういうことだろう?」と思うかもしれませんが、とりあえず「パーマリンクを後から変更すると、マズい事になる」ということだけ覚えておいてください。

WordPressからパーマリンクを設定する

再び、ワードプレスの管理画面を開きます。

開いたら、左下の「設定」「パーマリンク設定」をクリックします。

「投稿名」にチェックを入れて、「変更を保存」をクリックします。

これでパーマリンクの設定は完了です。

パーマリンクの設定をすることで、記事投稿画面で記事タイトルを入力した後に、自分で好きなURLを付けることができます。

当記事の、実際の編集画面です。

なお、パーマリンクに設定する文字列は、記事の内容をわかりやすく示すものにすることをお勧めします。

まとめ 〜この3つの初期設定は、WordPressインストール後すぐに終わらせよう〜

WordPressインストール後に必ずやるべき初期設定3つは、以上となります。

とりあえず最低限の設定ではありますが、ここまで終わらせることでようやくワードプレスで記事を書き始めることができます。

ただ、他にもしておいた方が良い設定はいくつかありますので、近日中に説明記事をアップしますね。

今後もWordPressでブログを運営していくにあたって必要な情報を、随時追加していきます。

当ブログを「お気に入り」に登録していただき、チェックしてもらえると嬉しいです。

ねこかん
ねこかん
Twitter(@yowakuikiru)でも、当ブログ更新情報をお届けするので、是非フォローしてください♪