発達障害

【発達障害】WAIS-Ⅲとは?検査結果の見方を解説します

【大人の発達障害】WAIS-Ⅲとはどんな検査?【検査結果の見方】
悩むAさん
悩むAさん
発達障害の検査に【WAIS-Ⅲ】っていうテストが使われるって聞いたけど、どんな検査なの?
検査結果の見方についても知りたいな。

本記事では、このような疑問にお答えしていきます。

こんにちは、ねこかん(@yowakuikiru)です。

私は昨年4月に、発達障害の診断を受けました。

発達障害と診断される大きな根拠となったのは、「WAIS-Ⅲ(ウェイススリー)」という知能検査です。

そこで今回は「WAIS-Ⅲ」について、以下の内容をお話ししていきます。

  1. WAIS-Ⅲとはどんな検査?
  2. WAIS-Ⅲで分かること

※なお私のWAIS-Ⅲ結果は、以下の記事ですべて公開しています。

【大人の発達障害】WAIS-Ⅲの検査結果を公開します【IQ】
発達障害と診断された私の「WAIS-Ⅲ」検査結果を公開します発達障害と診断された私の「WAIS-Ⅲ」検査結果をすべて公開します。「どのような結果だと発達障害と診断されるのか?」ということも合わせてお話ししていきますので、これから診断を受ける予定の方は参考にしてみてください。...

WAIS-Ⅲとは?どんな検査?

WAIS-Ⅲとは?どんな検査?
「WAIS-Ⅲ」とは、簡単に言うと「IQが分かる知能検査」です。

IQが分かる知能検査には色々種類があるのですが、WAIS-Ⅲは、「ウェクスラー式知能検査」という検査の、成人用テストのことを指します。

また、WAIS-Ⅲは発達障害かどうかを調べるための検査としても使われます。

「どのような結果の人が発達障害と判断されるのか?」については、記事の後半でお話しします。

WAIS-Ⅲとは…
・IQが分かる「ウェクスラー式知能検査」の、成人用テスト
・発達障害の検査としても使われる

・適用範囲: 16歳 ~ 89歳
・受検条件: 公的病院の場合は医師の推薦が必要
・実施時間: 60分 ~ 95分
・結果が出るまでの時間: 1週間程度
・実施機関: 医療機関(精神科)、大学の相談室、民間のカウンセリングルームなど
・実施する人: 日本文化科学社の定める使用者レベルに適合する専門家
・検査費用: 1350円~2万
・保険適用の可否: 保険適用あり

引用元:WAIS・WISCとは?ウェクスラー式知能検査の特徴、種類、受診方法、活用方法のまとめ|LITALICO発達ナビ

WAIS-Ⅲを受けるにはどうすればいい?

WAIS-Ⅲはどこで受けられるの?料金は?
悩むAさん
悩むAさん
WAIS-Ⅲを受けるにはどうすればいいの?保険は適用される?

このような疑問にお答えしていきます。

WAIS-Ⅲはどこで受けられる?

WAIS-Ⅲは以下の場所で受けることができます。

  • 医療機関(心療内科・精神科)
  • 発達障害の相談所やサポート施設
  • 大学の臨床心理センター など

保険適応のことを考えると、医療機関で受けるのがオススメです。

お近くの施設へ「WAIS-Ⅲを受けられるか?」と問い合わせをした上で、予約をとりましょう。

ねこかん
ねこかん
予約の際に、事前確認すべきことを以下にまとめておきました。

事前に確認しておきましょう

  1. WAIS-Ⅲが受けられる?
  2. 大人の発達障害の診断が可能?
  3. 保険適用はされる?

WAIS-Ⅲの料金は?【保険適応はされる?】

総合病院などの公的病院で受ける場合は保険が適用されますが、個人クリニックなどの民間病院で受ける場合は、自費負担となります。

・保険適用の場合 : 1350円~1500円くらい
・自費負担の場合 : 1万円~2万円くらい

なお、施設によって保険適用条件が違ってくることがあります。

そのため、事前に「保険適用はされるのか?」ということも確認を取っておきましょう。

WAIS-Ⅲはどうやって実施される?時間はどのくらいかかる?

WAIS-Ⅲの検査は、検査を予約した施設に出向き、臨床心理士と1対1で実施することになります。

臨床心理士の方が、

  • 設問の説明
  • タイムキーパー
  • (問題によって)口頭で問題を出す

このような役割をしてくれます。

そのため、自宅などで1人で検査を受けることはできません。

また、試験時間はだいたい2時間弱といったところですが、個人差があります。

ねこかん
ねこかん
2時間弱って結構長い感じがしますが、個人的にはあっという間でした。それだけ必死に考えることが多かったので…。

WAIS-Ⅲでわかることは?【検査項目を解説】

悩むAさん
悩むAさん
WAIS-Ⅲを受けると、どういうことが分かるの?

このような疑問に、WAIS-Ⅲの具体的な検査項目と合わせてお答えしていきます。

WAIS-Ⅲの検査項目

WAIS-Ⅲは以下の項目で構成されています。

2.郡指数3.下位検査
1.全検査IQ言語性IQ言語理解単語
類似
知識
理解
作動記憶算数
数唱
語音整列
動作性IQ絵画配列
知覚統合絵画完成
積木模様
行列推理
処理速度符号
記号探し
組み合わせ

これを見てもよく分かりませんよね(苦笑)

今はとりあえず、「へぇ、こんな構成なんだ」と何となく、把握していただけたらOKです。

【1.全検査IQ】【2.郡指数】【3.下位検査】、それぞれの項目について、詳しく説明していきますね

1.全検査IQ

全検査IQは、いわゆる「IQ」です。

WAIS-Ⅲを受けることで、IQが分かります。IQによる知的発達水準は、以下のようになります。

全検査IQ
130以上非常に高い
120~129高い
110~119平均の上
90~109平均
80~89平均の下
70~79境界線
69以下知的障害

漫画の天才キャラに、よく「IQ180」という設定があったりしますが、180がありえないくらい高い数値だということが、この表から分かると思います。

さらに全検査IQは、「言語性IQ」「動作性IQ」の2つに分けられます。

全検査IQ言語性IQ「言語」に関する能力。
言葉の意味を正しく理解し、使うことができる能力。
動作性IQ「視覚・空間」に関する能力。
絵や図形などの目で見た情報を処理したり、運動する能力。

「言語性IQ」はその名の通り、言葉の能力です。

「動作性IQ」は、一言で言うと「視覚・空間」に関する能力ですが、次のような色んなスキルに関わってきます。

  • グラフや図から情報を読み取る
  • 地図を見る
  • クレーンゲームや車の運転
  • 運動神経 など

2.郡指数

「言語性IQ」と「動作性IQ」は、さらに「郡指数」という4つの項目に分けられます。

郡指数わかること
言語性IQ言語理解文章を理解したり、言葉による知識を状況に応じて利用できる能力。この能力が低いと、会話がスムーズにできない。
作動記憶耳で聞いた情報を一時的に覚え、処理できる能力。
聞いたことをすぐ忘れてしまう人は、この能力が低い。
動作性IQ知覚統合目で見た情報を取り込み、要素を関連付けてまとめる能力。
この能力が低いと、グラフや表から情報読み取ることが苦手。
処理速度目で見た情報を事務的に、多く正確に処理する能力。
いわゆる「一般事務スキル」。

3.下位検査

そして、「郡指数」は、さらに「下位検査」項目に分けられます。

郡指数下位検査(1~19点)
言語性IQ言語理解単語言葉の意味に関する知識
類似2つのものの関連、共通点や共通概念に関する知識
知識一般的な知識力
理解社会的なルールについての理解力
作動記憶算数暗算で文章題を解く能力
数唱短期記憶力
語音整列2つの異なった種類のものを記憶して整理・処理する能力
動作性IQ絵画配列物語の文脈を整理、再構成する能力
知覚統合絵画完成全体から違いを見つける観察力
積木模様図を見て部分から全体を構成する空間能力
行列推理全体の関連性・関係性を読み取る課題
処理速度符号実作業。記憶して書き写す速度課題
記号探し実作業。記号の照合課題
組み合わせ部分から全体を再構築する能力

この「下位検査」それぞれのテストによって、「どんなことが得意で、どんなことが苦手か?」ということを測ることができるのです。

「下位検査」は、各19点満点となっており、平均値は10となっています。

下位検査それぞれの結果から、言語性IQ・動作性IQが判明するというわけですね。

WAIS-Ⅲでどんな結果だと、発達障害と診断される?

悩むAさん
悩むAさん
WAIS-Ⅲについては何となくわかったけど、どういう結果だと「発達障害」と診断されるの?

まず前提として、発達障害の診断はWAIS-Ⅲだけでなく、それまでの診断などの結果も踏まえて、総合的に判断されます。

WAIS-Ⅲでは何がみられるのかというと、各項目のばらつきの差です。

各項目のばらつきの差が激しいと、発達障害の疑いがあると診断されます。

具体的には「郡指数」や「下位検査」の各項目差が15以上(30以上の説もあります)ある場合は、「発達障害の可能性がある」と判断されます。

ねこかん
ねこかん
「得意なこと・苦手なこと」の差が激しいと、発達障害かも?ということですね。

単純に「IQが高い・低い」で判断するわけではないので、IQが高い発達障害の方もたくさんいます。

まとめ ~WAIS-Ⅲはあくまでも発達障害の「診断材料」の1つ~

WAIS-Ⅲはあくまでも発達障害の「診断材料」の1つ
WAIS-Ⅲがどのような検査であるか、何となく理解いただけたでしょうか。

気を付けてほしいのは、すでにお伝えしている通り「WAIS-Ⅲだけでは、発達障害と判断できない場合もある」ということです。

発達障害の診断は、他のテストや問診も含めて総合的に判断されることが多いです。

なので、冒頭でもお伝えした通り「大人の発達障害」を専門とした医療機関にてWAIS-Ⅲを受けるようにしましょう。

WAIS-Ⅲ結果だけでの自己判断は禁物です。

WAIS-Ⅲの結果は、仕事選びに活用できます。就職サポートと合わせて自分にぴったりな仕事を見つけましょう!

【体験談あり】障害者向けのおすすめ就職サイト・就労移行支援事業所まとめ
【体験談あり】障害者向けのおすすめ就職サイト・就労移行支援事業所まとめ障害者当事者かつ採用経験もある私が、おすすめの就労移行支援所・就職サイトなどをまとめました。実際に私が利用していたサービスもあるので、感想も交えて紹介していきます。是非参考にしてみてください。...
【体験談】リタリコワークスに半年通った感想を率直に語ります【デメリットは?】
【体験談】リタリコワークスに半年通った感想を率直に語ります【デメリットは?】私はリタリコワークスに半年間通って就職した経験があります。そこで本記事では、リタリコワークスの感想をデメリットも含めてかなり率直にお話しします。「リタリコワークスって実際どうなの?」と疑問をお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。...