美容・健康

【ニキビ・肌荒れ改善】宇津木式スキンケアのすすめ【肌断食】

【ニキビ・肌荒れ改善】宇津木式スキンケアのすすめ【肌断食】

皆さん、毎日スキンケアしてますか?お肌の調子はどうですか?

もし

「毎日欠かさずスキンケアをしているのに、ニキビや肌荒れが一向に良くならない…

というのであれば、今回紹介する究極のシンプルスキンケア「宇津木式スキンケア」を是非実践してみてください。

宇津木式スキンケアとは?

宇津木式スキンケアについて、説明していきますね。

・やけど治療から生まれた、皮膚科医宇津木隆一医師が提唱するスキンケア

・用意するのは純石鹸ワセリンだけ

シンプルスキンケアで、肌の再生力を回復させ、肌本来の力を引き出す

ポイントは「肌の再生力」を回復させ、「肌本来の力を引き出す」ということ。

今まで化粧品やスキンケアにお金をかけてきた方こそ、実は肌がボロボロだったりします。

肌が綺麗な方って意外と「何もしてないんですよ~」って言うこと多くないですか?これってあながちウソではないのかもしれません。

具体的には、以下のスキンケアを行います。

ぬるま湯のみで洗顔

・メイクした場合は純石鹸を使用して洗う

・肌を極力触らない、こすらない

・保湿はごく少量のワセリンを使用

どうですか?簡単ですよね。まさに「究極のシンプルスキンケア」ですね。ちなみにメイクはしない方が望ましいのですが、パウダーファンデーションの使用やポイントメイクはしても良いことになっています。

働く女性にとってメイクOKなのはありがたいですよね。

宇津木式スキンケアのメリット

それでは、宇津木式スキンケアをすると、肌にどのようなメリットがあるのでしょうか。

・ニキビ、肌荒れの改善

・開き毛穴が閉まる

・油の分泌が減少する

・くすみ、しみ、しわの改善

・スキンケア時間の短縮

・コストがかからない

上記は宇津木式スキンケア実践中の私が特に感じているメリットです。

「過剰なスキンケア」でダメージを受けた部分が回復するため、人によって感じるメリットは異なります。

肌の回復だけでなく、今まで化粧品やスキンケアにつぎ込んできた時間やお金が節約できる点も、大きなメリットですね。

宇津木式スキンケアのデメリット

宇津木式スキンケアには、デメリットもあります。

▲肌が乾燥する

▲効果が出るまでに、時間がかかる

▲まれに脂漏性皮膚炎になる場合も

化粧水や乳液などのスキンケアができなくなるため、乾燥などの肌トラブルが顕著に表れてしまう場合があります。

肌の回復力を信じて、そこをいかに乗り越えられるかどうかが、宇津木式スキンケアの成功のカギとなります。

ただし、肌がかゆくなったり、赤くなってしまった場合は脂漏性皮膚炎の恐れがあるので、すぐに皮膚科で見てもらいましょう。

宇津木式スキンケアのやり方

ここからは具体的な宇津木式スキンケアの方法について、朝と夜に分けて説明していきますね。

ぬるま湯洗顔

朝はぬるま湯のみで洗顔します。ぬるい水くらいの温度がベストです。なるべく顔に手が触れないよう、パシャパシャと水流で洗うイメージで洗顔しましょう。

メイク

メイク用品・コスメは「純石鹸で落ちるもの」を使用します。ファンデーションはミネラルファンデーションがおすすめです。UV効果有りのものを選べば、日焼け対策もバッチリです。

私はオンリーミネラルのミネラルファンデーションを使用しています。カバー力も十分あり、マットになりすぎずに自然に肌に馴染んでくれます。

もちろん純石鹸で落とすことができるので、「宇津木式スキンケアをしながらファンデも使いたい!」という方にぴったりです。

気になる方は、まずは2週間お試しが出来るデビューセットの購入をおすすめします。

\ 51%OFFデビューセット購入はこちら /オンリーミネラル

純石鹸での洗顔

メイクをしていない場合は朝と同様にぬるま湯で洗顔します。ここではメイクをした場合の洗顔方法を説明します。

メイクをした場合は、純石鹸を使用して洗顔します。

なお純石鹸とは「石けん素地100%」の石鹸のことです。洗顔フォームや、固形石鹸でも香料などが入っているものは含まれないので、要注意です。

ちなみに私は、カウブランドの無添加せっけんを使用しています。すっきりと洗い上げることができて、刺激もないのでとても良いですよ!

お手頃価格なので、ボディ用としても愛用しています。

純石鹸での洗顔手順は以下の通りです。

1.純石鹸をよく泡立てる

2.泡立てた石鹸を顔に乗せる

3.顔に手が触れないよう、泡をクッションにして優しく洗顔する

4.20~30秒くらいでぬるま湯で洗い流す

とにかく刺激を与えないように気を付けて、優しく・手早く洗顔しましょう。ポイントメイクも洗顔時に一緒に落としてしまいます。

「石鹸じゃ落ち切らないよ~」と思うかもしれませんが、少しくらい肌に残っていてもOKです。ごしごしこすって落とす方が、肌には負担となります。

落ち切らなかったメイクは自然に落ちてしまうので、気にしすぎないようにしましょう。

ワセリンでの保湿

洗顔後、乾燥が気になる場合にワセリンを使用して保湿をします。使用するワセリンは白色ワセリンの中でも、純度が高いサンホワイトがおすすめです。

サンホワイトにはキティちゃんバージョンもあり、私はこのキティちゃんの方を使用しています。控えめに言ってかわいすぎます。。

付け方は、まず手の平にワセリンをごく少量(米粒半分~1粒分くらい)出し、手の平を合わせて広げます。

ワセリンをつける量には注意が必要です。付けすぎると毛穴が詰まり、ニキビの原因となってしまいます。「少ないかな?」くらいの量が丁度良いです。

宇津木式スキンケアを実践した感想

私は宇津木式スキンケアを実践して二週間経ちましたが、すでに良い効果が出ているのを実感しています。

特にニキビに効果があり、新規ニキビが激減しています。ポツっと小さいニキビはまだ少しできますが、出来ても治りが早いです。

長年ニキビに悩んできましたが、まさかこんなシンプルなスキンケアで改善してしまうとはびっくり&拍子抜けではあります。

そしてこんなに早く効果が出るということは、よほど私の肌はスキンケアや化粧品で痛んでいたということですね。

※ただし、ひどいニキビでお悩みの方は、皮膚科、もしくは美容皮膚科などで専門家にまず相談しましょう。

まとめ

今回は宇津木式スキンケアのやり方を説明させていただきました。

純石鹸とワセリンだけあればすぐに始められるので、

・スキンケアをしているのに肌の調子が良くならない

・ニキビや肌荒れに悩んでいる

という方は、是非試してみてください。

なお実践的する際には、宇津木先生の本を読んでおくことで、より理解が深まりますよ。私も本を読んで理解してから、宇津木式スキンケアを始めました。

今後も肌の経過や、純石鹸で落ちるメイク用品などを随時記事にしていく予定なので、良かったら参考にしてみてくださいね。