ライフスタイル

「集中力が続かない…」という人に試して欲しい、ポモドーロ・テクニックのすすめ

「集中力が続かない…」という人に試して欲しい、ポモドーロ・テクニックのすすめ

こんにちは、ねこかん(@yowakuikiru)です。

「仕事や勉強に取り掛かろうとしても、なかなか集中できない…」

そんな悩みを持つ方におすすめなのが、ポモドーロ・テクニックという方法です。

ポモドーロ・テクニックとは、25分の集中と5分の休憩を繰り返すという、シンプルな時間術です。

かくいう私もなかなか集中できないことに悩んでいたのですが、ポモドーロ・テクニックを取り入れるようになってからは、すんなりと自分を「集中モード」に持ってくることができるようになりました。

そこで本記事では「なかなか集中できない…」という悩みを持つ方に向けて、ポモドーロ・テクニックについて、詳しくお話ししていきます。

本記事の内容
  1. ポモドーロ・テクニックとは?
  2. ポモドーロ・テクニックを実践してみて良かったこと
  3. アプリ「ポモドーロ・タイマー」の紹介

簡単にできる方法なので、是非参考にしてみてくださいね。

ポモドーロ・テクニックとは?

ポモドーロ・テクニックとは?冒頭でもお伝えした通り、ポモドーロ・テクニックとは、25分の集中と5分の休憩を繰り返すというものです。

具体的には、取り組まなければいけないことを短い時間(25分)に分割し、5分間の休憩を挟みながら処理していくだけという、非常にシンプルな時間術です。

このポモドーロ・テクニックを実践することで、集中力・生産性が共に上がるという嬉しい効果があるんです。

25分という「長すぎず、短すぎない」絶妙な時間であることがポイントです。「もう少し作業したい…」という、作業に飽きる前のタイミングで休憩に入るので、休憩後も「待ってました!」とばかりに作業を再開することができます。

また、「いつまでも時間がある」と思うと、なかなか集中できないものですが、「25分」と時間を区切ることで、自然と集中力が高まります。

「1時間集中しよう!」と思っても、なかなか難しいですよね。その点25分であれば「とりあえずやってみようかな」と思えるので、取り掛かるまでのハードルが低いのも利点です。

ポモドーロ・テクニックを実践するときのポイント

ポモドーロ・テクニックを実践するときのポイントポモドーロ・テクニックは「25分集中+5分休憩」のサイクルを繰り返すだけのとてもシンプルな時間術ですが、実践するにあたって3つのポイントがあります。

  1. 25分間では「1つのタスク」に集中する
  2. 休憩の前後では、やることを変えない
  3. 休憩の時は、脳を使わないことをする

それぞれ詳しく説明していきますね。

25分間では「1つのタスク」に集中する

25分間では必ず「1つのタスク」に集中するようにしましょう。

「このタスクだけやればいい」と思うことで、それ以外のことは考えずに済むので、集中力が高まります。

一方「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ…」と他のことを考えてしまうと、集中力が散漫になってしまいますし、「結局どれも手付かず…」となってしまいます。

目の前のタスクに没頭することで、やらなければいけないことを1つずつ、確実に終わらせていくことができます。

このように「今この瞬間に集中する」と言う考えは、マインドフルネスにも通ずるものがあります。

※マインドフルネスについて詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでいただくことをオススメします。

日常で出来る!簡単なマインドフルネスの方法
日常で出来る!簡単なマインドフルネスの方法「最近何だか疲れやすい…」そんな人は、「マインドフルネス」で心を休ませてみてはいかがでしょうか。マインドフルネスはわざわざ瞑想の時間をとらなくても、ちょっとしたすきま時間を利用して日常で実践することができるんです。今回はそんな「すきま時間で出来る、簡単なマインドフルネスのやり方」を紹介します。...

休憩の前後では、やることを変えない

25分で終わらない作業の場合には、休憩の前後でやることを変えないようにしましょう。

というのも、休憩している間にも脳は無意識に「さっきまでやっていたこと」を考えています。

なので、休憩再開後にスムーズに作業に取りかかれるようになったり、アイデアが湧いてくることがあるのです。

休憩にはそのような効果があるので、別の作業に切り替えてしまうと勿体無いですよね。1つの作業を終わらせてから、次の作業に取り掛かるようにしましょう。

休憩の時は、脳を使わないことをする

5分間休憩の時は、脳を使わないことをするようにしましょう。

脳を使うことの例としては、以下のことが挙げられます。

  • 別の作業をする
  • メールの返信を考える
  • SNSをする など

どれも大なり小なり「考える」ということが必要になるので、できるだけ避けるようにしましょう。

先ほどもお話しした通り、休憩している間にも脳は無意識に直前の作業を考えています。

なので休憩再開後にスムーズに作業に取り掛かるためにも、休憩中は出来るだけ脳を使わないことがポイントです。

具体的には、次のような休憩の仕方がオススメです。

  • コーヒーを飲む
  • 目を閉じてリラックスする
  • トイレに行く
  • 軽くストレッチをする

このような、なるべくリフレッシュできる休憩をとるようにしましょう。

ポモドーロ・テクニックを実践してみて良かったこと

私はポモドーロ・テクニックについては以前から知っていたのですが、ちゃんと実践するようになったのはここ1ヶ月のことです。

主にブログを書いたり読書をするときに、ポモドーロ・テクニックを取り入れています。

ポモドーロ・テクニックを実践する前は、注意散漫になりがちで、なかなか集中できないという悩みがありました。

一方、一旦集中してしまうと「集中しすぎ!」というくらいずーっと同じ作業をしてしまうので、適度に休憩を挟んだりができなかったんです。いわゆる「過集中」というものですね。

※過集中については、以下の記事で詳しく解説しています。

【発達障害あるある?】過集中のデメリットと、効果のあった対策方法をお話しします
【発達障害あるある?】過集中のデメリットと、効果のあった対策方法をお話しします発達障害の中でもADHD・ASDの人は「過集中」になりやすい特性があります。過集中によって生活リズムが崩れたり、いつも同じパフォーマンスが発揮できないというデメリットがあります。私も発達障害で、過集中によるデメリットを強く感じています。そこで今回は、効果のあった過集中の対策方法についてお話しします。...

このように「注意散漫」と「過集中」のバランスをうまく取ることができず、ムラのある日々を送っていました(苦笑)

今後在宅勤務をしたいと思っている私にとって、このような集中力の問題は結構深刻なものでした。

そんなときにポモドーロ・テクニックのことを思い出し、実践してみたところ、「注意散漫」「過集中」どちらの問題もクリアすることができました。

「25分なら頑張ろうかな…」と思えるから、すんなりと集中モードに入れますし、逆に過集中の状態になった時は、25分経ったら必ず休憩を挟むことができます。

休憩を挟むことで「まだ作業したい…」という気持ちを一旦クールダウンすることで、休憩後も「待ってました!」という勢いで作業を再開できます。

ポモドーロ・テクニックを実践することで、このように上手くやる気をコントロールできていると感じます。

 

ポモドーロ・テクニックを実践するための、おすすめのアプリ

ポモドーロ・テクニックを実践するためには、タイマーなどを活用すれば良いのですが、いちいち25分、5分…と毎回設定するのは面倒ですよね。

そこで活躍するのが「Focus To-Do」という、ポモドーロ・テクニックを実践できる時間計測のアプリです。

Focus To-Do: ポモドーロ仕事法+タスク管理

Focus To-Do: ポモドーロ仕事法+タスク管理

Shenzhen Tomato Software Technology Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

基本無料で使用することができます

私はそれまでスマホのタイマー機能を使っていたのですが、毎回時間設定をしたり、アラームがなったら止めたりするのが面倒でした。

しかしこのアプリを活用するようになってからは、ストレスフリーでポモドーロテクニックを実践することができています。

使い方は非常にシンプルで、「開始」をタッチすると25分、5分…のサイクル毎にアラームで知らせてくれます。


「開始」をタップすると、カウントが始まります。

初期設定のままだと、自分でタイマーを止めなければいけないので、「設定」からそのあたりの細かい設定を変更することが可能です。

以下の設定をオンにしておくことで、自動的に「25分+5分」のサイクルが繰り返されます。

「次のポモドーロが自動的にスタートする」

「休憩が自動的にスタートする」


この2つをオンにしておくのがオススメです

また「25分+5分」以外の時間に変更できたり、長い休憩を途中に挟むこともできるので、自分好みにカスタマイズしてみるのもいいですね。

「ポモドーロ・テクニックを実践したい」という人は、「Focus To-Do」を活用してみてください。

まとめ 〜ポモドーロ・テクニックを実践して、集中力を高めよう〜

ポモドーロ・テクニックを実践して、集中力を高めようポモドーロ・テクニックは手軽に実践することができる割に、高い効果が期待できる時間術です。

家ではもちろんですが、仕事でも実践することができます。(職種にもよりますが…)

集中力がなくて悩んでいる方は、是非試してみてくださいね。

なお、今回参考にした書籍は、メンタリストDaigoさんの「自分を操る超集中力」です。

当ブログでも何度か紹介している本ですが、集中力を高めるための方法がたくさん書いてあり、読み返すたびに新しい気付きがあります。

「集中力を高めたい」という方は、是非チェックしてみてください。

脱スマホ依存アプリ「Forest」を使ってみた【ブロガーにもおすすめ】
脱スマホ依存アプリ「Forest」を使ってみた【ブロガーにもおすすめ】今回はスマホ依存で悩む方に「Forest」という、脱スマホ依存アプリを紹介します。かくいう私もTwitterやネットニュースなどが気になり、ついついスマホを触ってしまうタイプです。しかし「Forest」を使い始めたことで、スマホ依存をかなり改善することができました。...
人生損する!?「先延ばし癖」のデメリットと治す方法やらなければならないことを、「めんどくさいから後でいっか…」と、ついつい先延ばしにしてしまうこと、ありませんか?そこで今回は「なんとなく物事を先延ばししてしまう」という方に、先延ばしグセのデメリットを改めて知っていただいたうえで、「先延ばし癖の治し方」をお伝えしていきます。...