発達障害

就労移行支援事業所ってどんな所?LITALICO(リタリコ)ワークスに半年間通った体験をもとにお話しします

【就労移行支援事業所ってどうなの?】LITALICO(リタリコ)ワークスに半年間通った体験をもとにお話しします

こんにちは、ねこかん(@yowakuikiru)です。

障害を持っている人の中には、仕事を始めることに対して不安や恐怖を感じている人は多いのでないでしょうか。

  • 仕事をすることが怖い
  • 仕事がなかなか続かない
  • そもそも仕事が決まらない

このような悩みを持っていて、なかなか一歩を踏み出せない人もいると思います。

かくいう私も社会不安障害・発達障害を持っていて、仕事がなかなか続かず、10代〜20代後半まで仕事を転々としていました。中にはバックれてしまったバイト先もあります。

「普通に働き続けること」という、ごく普通のことができない自分が情けなく、とても惨めな気持ちを抱えていました。

しかし27歳のときに、障害者の就労サポートをしてくれる「就労移行支援事業所」という場所があることを知りました。

そして約半年の間就労移行支援LITALICO(リタリコ)ワークスという事業所へ通った結果、自分に合った会社へ就職し、就労を継続することができました。この体験は「自分でも、普通に働くことができるんだ」という大きな自信となりました。

そこで今回は

  • 就労移行支援事業所とは、どんなところ?
  • どんなサービスを受けられるのか?

ということについて、LITALICOワークスでの実体験を交えながら、お話ししていきます。

今回の記事は、何らかの障害を持っていて

  • 「仕事をすることに対して不安・恐怖がある」
  • 「仕事を始めたいけど、誰かにサポートしてもらいたい」

という悩みがある方に、是非読んでいただきたい内容です。

LITALICOワークス

就労移行支援事業所ってどんなところ?

就労移行支援事業所ってどんなところ?
就労移行支援事業所とは、障害のある方を対象に、一般企業への就職・就労をサポートしてくれる通所型の福祉サービスです。

就職に必要な訓練のサポートや、就職活動〜就職後の職場定着サポートまでを行ってくれます。

イメージとしては、学校のような感じです。通う曜日や頻度は、各自支援員と相談しながら決めます。私は週4日くらいで、9:00〜14:00の時間帯に通っていました。(午前中だけの時もあります。)

無事に就職が決まると卒業(退所)となるのですが、その後も定着支援として、定期的に面談などで困りごとなどの相談に乗ってもらうことができます。

仕事がなかなか続かない私にとって、就職後もサポートしてもらえるのは非常にありがたかったです。

就業移行支援事業所を利用できる人

就労移行支援事業所を利用できるのは、以下の条件を満たした方です。

  • 原則18歳以上65歳未満の方
  • 身体障害、知的障害、精神障害、発達障害や難病の方
  • 一般企業への就労を希望し、就労が可能と見込まれる方

引用元:LITALICO 仕事ナビ

なお、障害者手帳については、私の通っていた事業所(というか自治体)では「必須」とのことでした。

当時私は障害者手帳を持っていなかったので、これを機に障害者手帳を取得しました。診断名は「社会不安障害」で、精神3級です。

手帳を取得すれば「障害者」の認定を受けることになるので、正直抵抗はありました。しかし障害者枠での就職を考えていたこともあり、これを機に手帳を取得することにしたのです。

ただ医師の判断や定期的な通院があれば、自治体によっては手帳がなくても入所可能な場合があるそうなので、「手帳を所持していないけど、事業所を利用したい」という方は、一度お住いの市区町村の障害福祉窓口や、各事業所に問い合わせてみてください。

就労移行支援事業所のサービス内容

就労移行支援事業所のサービス内容
就労移行支援事業所では、以下のサポートを受けることができます。

  1. 個別支援計画の作成
  2. 職業訓練
  3. 就職活動
  4. 職場定着支援

各段階を踏んでいき、就職・継続就労を目指していきます。それぞれの段階を詳しく説明していきますね。

個別支援計画の作成

就労移行支援事業所に入所したら、支援員との面談を通して個別支援計画の作成を行います。

面談では、支援員の方が以下の内容について細やかなヒアリングをしてくれました。

  • その人の持つ障害・特性・能力など
  • 希望する進路(どういう仕事に就きたいか?)

この面談を通して、それぞれの利用者にあった個別支援計画を作成していきます。個別支援計画は就職までの支援ステップのようなもので、これを元に訓練やサポートを受けることになります。

職業訓練

就労に必要なスキルを身に付けるための訓練を行います。具体的には以下のような訓練があります。

職業訓練の内容
  • ビジネスマナー講習
  • コミュニケーションのトレーニング
  • PCスキルトレーニング
  • 単純作業のトレーニング
  • 職場体験

利用者によって、実施する訓練は異なります。私の場合は事務職希望だったので、PCスキルトレーニングをメインで行いました。

ビジネスマナーやコミュニケーションに関しては、大体どこの職場でも必要なスキルということもあり、ほとんどの人がプログラムに参加していました。

また希望する人は電話応対の訓練をすることができ、テストに合格すれば事業所の電話対応を任せてもらえます。電話応対が苦手な方も多いと思いますが、がっつり練習することができます。私も電話対応は苦手な方でしたが、この訓練を受けたことでスムーズに対応できるようになりました。

事業所へきちんと通い、十分な訓練を積んだら実際に職場体験をすることができます。(インターンのようなものです)

数日〜1週間程度その職場に出勤して働くことになります。ちなみに私は以下の2つの職場体験をしました。

  • 接骨院の受付
  • 企業内でDM作成

就職活動

十分な職業訓練をし、必要なスキルが身に付いたら就職活動を開始していきます。基本的には普通の就職活動と変わらず、以下の手段で仕事を探すことになります。

  • 企業説明会・面接会に参加(支援員同行)
  • ハローワーク、求人情報誌、求人サイトなどで求人情報をチェック

そして就労移行支援事業所を利用することの大きなメリットとして、

希望する場合は、採用が決まった職場で試用期間として数日〜1週間程度働くことができる

ということがあります。(全ての企業が必ず試用期間を設けてくれる訳ではないので、あらかじめ確認は必要です。)

せっかく採用が決まって働き出した会社でも、

  • 「仕事内容や人間関係が合わない」
  • 「働き続けることが辛い」

このように感じたことがある人は、決して少なくないと思います。最悪辞めてしまうことも有り得まよね。

しかし、このようなことは私達ににとってはもちろんですが、企業側からしてもそのようなミスマッチはできるだけ避けたいと思っています。

そこで試用期間として数日〜1週間程度働かせてもらうことで、「合わないかも」と思ったら就職を見送ることができますし、「ここなら働ける」と思ったら就職することができます。

この試用期間では給与が発生しないというデメリットがありますが、それ以上に得られるメリットは大きいです。

ねこかん
ねこかん
なお給与が発生する「トライアル雇用」とは別物なので、注意が必要です。

職場定着支援

実際に就労することになった後も、6ヶ月間の職場定着支援を受けることができます。

職場定着支援の内容は事業所によって異なりますが、大体以下のようなサポートとなります。

  • 定期的な面談
  • 利用者と企業の仲介(困りごとなどを、代わりに企業に伝えてくれる)

試用期間では問題がなかったとしても、長く働いていると悩みや困りごとも出てくることがありますよね。障害を持つ方の中には、「仕事が長続きしない」という悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。私もそうでした。

やはり働いてみないと分からないことってたくさんあります。実際に働いてみたら、人間関係が良くなかったり、仕事内容が合わなかったり、必要な配慮がしてもらえなかったりとか…。

そういった悩みごとを事業所の支援員に相談して、希望すれば事業所が企業に伝えてくれることもあります。自分ではなかなか伝えにくいこともありますよね。

ちなみに私の担当支援員は同い年ということもあり、「相談」というよりは「グチ」感覚で聞いてもらっていました。聞いてくれる人がいるというだけで、かなり心強かったです。

しかも6ヶ月を過ぎた後も、定期的に相談に乗ってもらうことができたので、安心して働き続けることができました。

ちなみにその会社は「度重なる組織変更や、一緒に働く人がコロコロ変わることに付いていけなくなった」という理由で、約3年で退職しました。

ベンチャー企業だったので、人の入れ替わりが激しかったのが思った以上にストレスになってしまったためです。

しかし3年同じ職場で働けたことは自信になりました。(私にしてはこれでもかなり長かったです。)良い出会いもありました。仕事はハードだったけどやりがいを持って働くことができたので、結果としては満足しています。

ねこかん
ねこかん
事務スキルも身についたので、次の就職先もすぐに決まりました

就労移行支援事業所の利用期間・利用料金は?

就労移行支援事業所の利用期間・利用料金は?
就労移行支援事業所の利用期間・利用料金についても、簡単に説明しておきますね。

就労移行支援事業所の利用期間は?

就労移行支援事業所の利用期間は、最大2年間です。定着支援は利用期間に含まれないので、基本的には事業所を利用するのは就職が決まるまでとなります。

私のいた事業所では、大体1年くらいで就職が決まる方が多かったですね。支援計画も1年を目安に組むことが多いです。

私は約半年で就職が決まったので、結構早い方なのかなと思います。

就労移行支援事業所の利用料金は?

就労移行支援事業所の利用料金は、人によって違います。というのも、利用金は以下の状況によって変わってきます。

  • 事業所に通う日数(多いほど高くなる)
  • 世帯収入状況

事業所に通う日数が多いほど利用料金は高くなりますが、世帯収入によって月額負担上限が決まっています。

なので、めちゃくちゃ高くなるということはありません。詳しくは厚生労働省HP「障害者の利用者負担」を参照ください。

「就労移行支援事業所に通いたい」という方は、まずはお近くの事業所に相談しましょう

就労移行支援事業所に通いたい」という方は、まずはお近くの事業所に相談しましょう
「就労移行支援事業所に通いたい・興味がある」という方は、まずはお近くの事業所に相談してみましょう。

「どの事業所を選べばいいのか分からない…」という方には、LITALICOワークスがおすすめです。私も実際に利用していましたが、LITALICOワークスには以下のようなメリットがあります。

  • 支援員の方がとても感じが良く、親身になって相談に乗ってくれる(若い方が多いです)
  • 大手ということもあり、就労支援実績が高く、連携している企業が多い
  • 全国各地に事業所がある

1番良かったことは、支援員の方々がとても親身にサポートしてくれたことです。年代も20〜30代の方が多いので、比較的話しやすかったです。

また、事業所によっては障害を持つ支援員の方もいるので「障害を持ちながら働くこと」について、より具体的なアドバイスや話を聞くこともできます。

※私と同時期の利用者で、実際にLITALICOワークスの支援員として就職が決まった方もいました。

LITALICOワークスはWEBからの相談申し込みも可能なので、「電話するのが苦手・怖い」という方は、WEBから申し込むことをおすすめします。

LITALICOワークスのトップページにアクセスし、「会って相談」→「相談の予約受付フォーム」からお近くの事業所を選んで、相談予約ができます。

就労移行支援事業所「LITALICOワークス」への相談申し込み方法(1)

就労移行支援事業所「LITALICOワークス」への相談申し込み方法(2)

もちろんこの申し込みはあくまでも「相談申し込み」なので、事業所に通うかどうかは改めて検討することができます。

「仕事をするのが不安・怖い」という方は、まずはその悩みを打ち明けてみることから始めてみてはいかがでしょうか。一歩踏み出すことで、大きな変化があるかもしれません。

【無料】就職相談ならLITALICOワークス

まとめ 〜就労移行支援事業所は、障害を持つ人にとっての大きなサポートになります〜

就労移行支援事業所は、障害を持つ人にとっての大きなサポートになります
今回は就労移行支援事業所について、LITALICOワークスでの体験をもとにお話しさせていただきました。

当時仕事が続かなかった私は「仕事をするのが怖い」「面接に行くことすら怖い」という状態に陥っていました。

しかし思い切って就労移行支援事業所へ問い合わせをし、通い始めたことによって徐々に仕事に対する怖さは薄れ、やがて自信もつきました。当時お世話になった支援員の方々にはとても感謝しています。

自分一人では難しいことでも、サポートしてくれる人がいればできることって結構あります。それは仕事でももちろん同じことです。

障害を持っていて「仕事をするのが不安・怖い」と感じている方は、まずは就労移行支援事業所に相談することから始めてみてください。

※なお、「すぐに仕事を見つけたい!」という方は、障害者向けの転職エージェントに登録することをおすすめします。

専任のキャリアアドバイザーが付き、求人紹介・書類添削・面接対策などを行ってくれます。以下の記事に詳しくまとめているので、興味のある方は読んでみてください。

障害者求人を探すなら、「障害者向けの転職エージェント」を活用するのがおすすめ
障害者求人を探すなら、「障害者向けの転職エージェント」を活用するのがおすすめ障害を持つ人の仕事探しの方法としておすすめなのが、「障害者向けの転職エージェント」を活用することです。「求人サイトとはどう違うの?」という疑問を持つ方もいると思います。そこで今回は「転職エージェントってどんなサービス?」「障害を持つ人向けの、おすすめの転職エージェント」これらについて説明してきます。...