メンタルケア

【無気力で悩む人へ】無気力から抜け出すために、私がやったこと【原因から考える】

【無気力で悩む人へ】無気力から抜け出すために、私がやったこと【原因から考える】

「無気力な状態がずっと続いていて、なかなか抜け出せない…」

こんな悩みを持つ方はいませんか?

実は私自身、このような慢性的な無気力状態が続き、悩んでいました。

  • やりたいことや理想の生活はあるのに、行動が伴わなくて苦しい
  • 変わりたいのに、変わることができない毎日が続く

こんな状況に、焦りと憤りを感じていました。

色んな「やる気が出る方法」を試してきたものの、結局すぐに元に戻ってしまうのです。

しかし、ある一本のYouTube動画と出会って、「無気力状態の根本的な原因」と「無気力から脱する方法」について、ヒントを得ることができました。

そして、この動画から学んだことを実践していくうちに、生きていくための活力を取り戻しつつあります。

そこで本記事では、「無気力状態から抜け出したい」と悩んでいる人に向けて、私が気力を取り戻すためにやったことをお話しします。

  1. 無気力状態で悩んでいる人に見て欲しい、YouTube動画の紹介
  2. 無気力になってしまう原因
  3. 無気力から抜け出すために、やるべきこと

動画の内容を中心に、私なりに解釈してまとめた内容となります。

「無気力状態ってほどじゃないけど、何となくやる気がでないな…」という人には、以下の記事がオススメです

やる気が出ないときの気分転換方法【気軽にできる】
やる気が出ないときの気分転換方法【気軽にできる】「やるべきことはたくさんあるのに、何となくなる気になれない…」ということ、ありませんか?やる気が出ないのに無理やり取り掛かろうとしても、上手くいかなかったり、余計にやる気がなくなってしまって悪循環です。 そこで今回は、気軽にできる「やる気がでないときの気分転換方法」をお伝えします。...

無気力で悩んでいる人にまずは観てほしい、YouTube動画を紹介

無気力で悩んでいる人に、是非見て欲しいYouTube動画はこちらです。

大愚 元勝(たいぐ げんしょう)さんという、住職の方による動画です。

動画では「無気力」の原因と「やる気」を取り戻す方法について、現代社会に焦点を当て、そして仏教の視点から分かりやすく解説されています。

よくある「小手先のテクニック」ではなく、無気力になってしまう原因から深く考えることができます。

私は今まで色んな「無気力から抜け出す方法」についての本やネット記事などを読んできましたが、ダントツでこの動画が心に刺さりました。

少し長い動画ではありますが、無気力で悩んでいる方にはまず見て欲しいです。(音声だけ聞いても良いと思います○)

本記事で私がこれからお話しすることは、この動画をきっかけに考えたことや、気付きが中心になります。

無気力に陥ってしまう原因は?

無気力に陥ってしまう原因は?そもそも、どうして人は無気力になってしまうのでしょうか。

  • 「自分のやる気がないせいだ…」
  • 「怠け癖があるせいだ…」

このように、自分を責めている方もいると思います。でも、本当にそうなのでしょうか?

実は無気力の根本的な原因は「豊かすぎる・便利すぎる生活」に隠されていたりするのです。

つまり、多くの人が抱えている現代社会の問題でもあるのです。

現代社会が「無気力」を生む理由

現代社会が「無気力」を生む理由では、なぜ豊かで便利な現代社会が「無気力」を生み出す原因になってしまうのでしょうか。

それは、モノや情報が、望めば何でも手に入ってしまうからに他なりません。

豊かで便利な現代社会は、私たちから「感動」を奪う

今の世の中、「食べるのに困る」という状況になってしまうことは、そうありませんよね。

少なくとも、今この記事をパソコンやスマホ、タブレットで見ている人で「食べていくお金がない…」という方は、ほとんどいないのではないでしょうか。

もちろん、今この記事をパソコンで書いている私も同じです。

食べ物もそうですし、あらゆる情報や娯楽は、私たちが望めば簡単に手に入れることができます。

  • 美味しいご飯やスイーツは、コンビニで買える
  • 欲しいものは、家から出ずにアマゾンでポチるだけ
  • 知りたいことは、手元のスマホでググれば解決
  • 面白いゲームが、無料でダウンロードできる

これが当たり前の現代。つまり、感動することが減ってしまっているのです。

不便なのが当たり前だった、子供時代を振り返る

私は今33歳なのですが、子供だった頃を思い返してみると、こんな便利な世の中になったのは、つい最近のことのように思います。

  • 欲しいゲームがあっても、買ってもらえるのは誕生日かクリスマスだけ。
  • 友達とのやり取りは、交換日記や手紙。
  • 好きなアイドルのCDを、お小遣いをためてお店へ買いに走る。
  • 知りたいことは、誰かに聞いたり本で調べる。

こういうことが当たり前だったけど、それが不便とは思いませんでした。

むしろ、とっても楽しかったし、生き生きとした子供時代でした。

かくいう今は、欲しいゲームソフトは好きな時に買えるし、見たいテレビは自動録画でいつでも見れる。

見逃した映画だって、アマプラやU-NEXTを探せばほとんどある。

手紙や日記を書くことなんてほとんどないし、連絡したいならメールやライン。

フェイスブックやツイッターで、誰とでも簡単に繋がれる。

もちろん、大人になったことで経済力もありますし、そもそも「感動」することも減っていくのは当然です。

それにしたって「便利なのが当たり前」になりすぎて、無感動な日々を送っているということに気付きました。

チコちゃんじゃないけど「ボーッと生きてんじゃねえよ!」って感じです(苦笑)

なんというか、ハングリー精神が奪われてしまうというか…「無気力」になっても不思議ではない世の中なのです。

情報が勝手に入ってくるので、「考えること」を放棄してしまう

現代社会は豊かで便利なだけではなく、私たちの頭を「いかに中毒にさせるか」ということに、必死に工夫とエネルギーを凝らしています。

そのためのあらゆる「ワナ」が、あちこちに潜んでいるのです。

例えば、スマホのアプリやウェブサービス

ツイッターやラインは、通知があったらつい開きたくなる仕組みになっていますし、ゲームアプリは課金させるための様々な工夫が凝らされています。

YouTubeもそう。トップページにはあらゆる関連動画が並んでいて、ついつい見続けてしまうようになっています。

そして、一つのサービスやモノに対して、あらゆる口コミをみることができます。

実際に自分が利用していないのにも関わらず、知った気になってしまうことはないでしょうか。

このように、どんどん色んな情報が勝手に入ってきて、私たちの頭を疲れさせてしまうようになっているのです。

そしてそれは、私たちから「考えること」を放棄させ、無気力な状態にさせてしまいます。

「無気力」から抜け出すには、どうすれば良い?

「無気力」から抜け出すには、どうすれば良い?「現代社会が無気力の原因なら、抜け出すなんて無理なのでは…?」

と思われるかもしれません。

でも、少し工夫することで、そんな現代社会でも生きる気力を取り戻すことはできるのです。

それは、「頭を使うことをやめて、体を動かす」ということ。

どういうことか、具体的に説明していきます。

無気力から抜け出すためにやるべきこと

無気力から抜け出したいのなら、体を動かすべき先ほどもお伝えした通り、現代社会は便利な反面、私たちから「感動」や「考えること」を奪います。

そこで大切なのは、頭ではなく「体を使い、体で感じることを増やす」こと。

例えば、私が実践していることの一例を紹介します。

  1. ネットやテレビの時間を減らす
  2. 運動をする
  3. 日々の生活を丁寧に送ってみる

要は、あえてアナログ的なことをやってみるという感じです。

それぞれ詳しくお話ししていきますね。

ネットやテレビの時間を減らす

私は大好きだったネットやテレビの時間を減らしたことで、かなり無気力が改善されたと感じています。

いわゆる「デジタルデトックス」というものです。

ネット大好きな私が「デジタルデトックス」をしてみた理由
ネット大好きな私が「デジタルデトックス」をしてみた理由ここ1週間ほど、意識してなるべくネットから離れるようにしています。いわゆる「デジタルデトックス」というやつです。私が意識して見ないようにしているのは、主に匿名掲示板やTwitterです。要は、「人の意見がたくさん飛び交う場所」をなるべく見ないようにしているという感じです。 ...

ネットの意見をなるべく見ずに「自分が何を考え、感じているのか?」ということを大切にするよう、心がけています。

テレビの付けっ放しもやめて、本当に見たい番組だけを見るようにしています。

そしてネットやテレビの時間を減らしたことで、読書の時間を増やすことができました。

読書はネットと違い、一人の著者の意見や考えをじっくりと自分の中に落とし込むことができるので、本当におすすめです。

お風呂にスマホではなく、本を持ち込むようになりました。

「読書の習慣が身に付かない…」という人は、お風呂に本を1冊持ち込んでみよう
「読書の習慣が身に付かない…」という人は、お風呂に本を1冊持ち込んでみよう私は強制的に読書を実行するために、「お風呂に1冊本を持ち込んでみよう」と決めました。要するに「お風呂で読書をする」というありがちな方法なのですが、ポイントは「本を持ち込む」という、「読書」よりも低いハードルに落とし込んでいるということ。これを意識するだけで、いつの間にか読書量が増えていました。...

運動をする

体を動かすこととして、もちろん「運動」もオススメです。

私はハードな運動は苦手なので、簡単な筋トレと、背中のストレッチを日課にしています。

参考にしている本は「はじめてのやせ筋トレ」です。

運動習慣のなかった私が「はじめてのやせ筋トレ」を1ヶ月間やってみた感想
運動習慣のなかった私が「はじめてのやせ筋トレ」を1ヶ月間やってみた感想運動習慣の全くなかった私ですが、ここ1ヶ月ほど「はじめてのやせ筋トレ」という本を参考に、毎日筋トレを行っています。結論から言うと、「もっと早く筋トレを始めてれば良かった!」と、筋トレの素晴らしさを実感しています。「はじめてのやせ筋トレ」を続けてみた感想や、継続するコツをお話ししていきます。...

運動をすることで、脳の血流が改善され、ドーパミンが放出されます。

ドーパミンは「やる気のもと」とも言われていて、無気力の改善に大きな効果が期待できます。

実際に、私も筋トレをした後は「もっと体を動かしたい」という気持ちになれます。

筋トレでなくても、近所を散歩したり、家中掃除してみたりでも良いです。体を動かすと、頭もすっきりしてきますよ。

日々の生活を丁寧に送ってみる

日々の生活を丁寧に送ること。これも、無気力から抜け出すためにはとても重要なことです。

例えば、家の掃除を丁寧にしてみたり、料理を一から作ってみたり、アロマでリラックスしてみたり…。

イメージとしては「西の魔女が死んだ」という小説の、西の魔女(主人公のおばあちゃん)の生活です。

生きる上で大切なことを教えてくれます。素敵なお話しなので、未読は是非読んでみてください。

とはいえ、無気力な時に「丁寧な生活をしろ」と言っても、少しハードルが高いかもしれません。

そんな時には、体に良いものを食べたり、温かいお茶を飲んでみるだけでも良いです。

日々の生活を丁寧に送ることは、自分自身を大切にして、感性を磨くことにつながります。少しずつで良いので、意識してみてください。

まとめ 〜自分の体を使って、感性を磨くことが「無気力」から脱する近道〜

「無気力から抜け出したい」という方におすすめのYouTube動画と、無気力から抜け出す方法についてお話しさせていただきました。

体を動かすことによって、活力がみなぎり、感性が冴えてくるのを感じると思います。

それは、頭だけを使っていては得ることのできない感覚です。

本記事の内容が、あなたにとって「無気力から抜け出すヒント」になればとても嬉しいです。